飲食店・食品ホームページ制作のフードページ

ホームページ制作

お客様の声

ホームページ、ブログ、SNSを活用して求人活動に成功!
飲食業界を知り尽くしたフードページだから出来たネット戦略。
飲食業におけるインターネットの可能性に今後も期待。

株式会社ベイシックス 岩澤 博社長

photo_iwasawa_01弊社では、2005年から「フードページ」さんにホームページの制作、管理をお願いしています。

もともとあったホームページは知り合いに無料で作ってもらったもので、デザインもおせじにもかっこいい物ではありませんでした。

ホームページなんてあんまり商売には関係ないかなあという気持ちは、正直あったのですが、やっぱりどうせならカッコいいのがいいなあと思って、フードページの濱中君にお願いしました。

実は、濱中君はもともと飲食業出身で今から約20年くらい前に「くいものや 楽」で私と一緒に働いていた後輩なんです。

そんなこともあって、彼なら飲食業の事をわかっているし、見せ所、売りどころを察してくれるだろうと思ってお願いしました。

今でもそうですが、ホームページ制作の売込みって結構くるんですが、結局のところ広告じゃないですか、この商売のことをわかってないと、話が遠くて任せる気になれないんですよ!

その点、彼は転職してホームページ制作会社をやってますが、飲食業大好き人間なんで話が早いんです。これって重要なことだと思いますよ。

この商売が、好きな人間じゃないと、その良さ、楽しさは人には伝えられないと思うんです。

それで、2005年にリニューアルして、それはカッコよくなって、お客様にもより深くお店のことを知ってもらえたし、従業員の士気の向上にも繋がりました。

そして2007年夏くらいの話ですが、お店の売上の方はまあまあだったのですが、慢性的な人手不足でかなり頭を抱えていたんです。

photo_iwasawa_02そんな時に、濱中君から「ガンさん(岩澤社長のニックネーム)がもっと前面に出るようなホームページに作り変えて、ホームページでスタッフを獲得できるようにしましょう!」と提案されたんです。

正直、そんなことが出来るのかとも思いましたし、どんなサイトになるのか想像も付きませんでした。

その後、細かく成功例などから分析した結果をレポートしてもらって、私もコピーなどでは参加しながらリニューアルをすすめました。

当たり前の飲食店ホームページではなく、私たちベイシックスのことがどんどん知りたくなるようなサイトをめざしました。

ブログをはじめたのも、そのときに提案されてからでした。これもその後、多くのメリットを生み出してくれました。

そうして、2007年11月にリニューアルオープンして、最初のころは既存の求人サイトも併用していたのですが、採用率が少しづつあがっていって、まったくホームページからだけで応募が来るようになったんです。

なので、今では求人広告費はほぼ使っておりません。あと、ホームページから応募してくる人間はお店のことを分かって応募してくるので、決定率が高いんです。

求人以外でも、フードページさんはいろいろと提案をしてくれるので飲食業におけるインターネットの可能性に今後も期待しています。

ベイシックスオフィシャルサイト

Facebookページ

ガンさん日記