飲食店ホームページ制作のフードページ

博多に凄い屋台があった

公開日:2014/7/18
更新日:2014/7/17
記事カテゴリー:濱中ノブオ康大の飲食店未来予想図美味しいお店

20140706-101209-36729562.jpg

20140706-101209-36729840.jpg

20140706-101210-36730099.jpg

博多には昔からユニークな屋台が多く存在するのは有名です。

そんな中で今回ご紹介する屋台は、博多屋台バー えびちゃん!
tabelog.com/fukuoka/A4001/A400102/40000089/

所謂屋台のバーです。

繁盛店には、
絶対に食べたい料理がある
サービスが素晴らしい
内装外装のデザインが素敵
コスパが優れている
などの理由が必ずあります。

もう一つ大きな魅力は、
オーラです。

なんとも言葉ではうまく表現出来ないオーラを持っているお店があります。

同じ博多では、お寿司の山中、割烹の稚加榮などがそうです。

気高さを感じます。しかし、それは決して奢りではないです。

これは流石に5年、10年で得られるモノではありません。

聞けば現在のえびちゃんのオーナーさんは3代目でおられるそうです。
お爺様の代からということですね!

30年、40年続いたお店にはそれぞれに独特のオーラがあります。
それが人を惹きつけ、安心させ、来店動機になるんですね。

まずは生き残り、続けていくためには何が必要か?

私も素晴らしい勉強をさせていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事