飲食店ホームページ制作のフードページ

【ホームページ制作ご利用店舗様紹介】博多呉服町「まりも本店」様

2018/7/4 9:56
濱中ノブオの飲食店未来予想図飲食店ホームページ制作

まりも本店

marimohonten.com/

鴨料理専門店まりも本店様に「写真撮影」とホームページ制作「5万円おまかせプラン」をご利用いただきました。

こちらは、創業昭和47年創業で現在のご主人で三代目となられます。

そしてその営業スタイルがとてもユニークです。

 

ランチタイムは「博多皿うどん」の一品のみ!

博多皿うどん

屋号の通り鴨料理専門店なのですが、ランチはボリュームたっぷりの博多皿うどんのみで、約2時間半の営業時間で毎日150人以上来店されると言う大繁盛店です。

また注文の仕方がユニークです。

まずお一人の場合は入店すると麺の量を少なめ、1玉、1.5玉、2玉?と聞かれます!

複数人でシェアされる場合は3/2、4/3、5/4と言うように分数で頼みます。
わかります?😀

分子が麺の玉数、分母が人数です。

創業時より変わらぬスタイルで継続されています。

詳しくは「昼の献立」のページをご覧ください。

marimohonten.com/?page_id=8

 

夜の営業は完全予約制でコース料理のみです。

鴨は季節によって京都産とフランス産を使い分けておられると言うことです。

こちらもボリュームもたっぷりなのですが、元々はホテルやイタリアンのシェフをされていたご主人の鴨三昧のお料理が素晴らしく、和・洋・中と様々なスタイルを楽しめます。

 

農具の「鋤」を使った本当の「鋤焼き」!

そしてこれが最もユニークなのですが、鴨のすき焼きですが農具の「鋤」を使って焼きます!

一説には「すき焼き」のすきは「鋤」から来たとも言われているそうです。

こちらも創業当時から続けておられると言うことです。

 

ちなみに「まりも本店」様の「まりも」は創業当時は北海道の鴨を使用されていたらしく、北海道といえば「まりも」と言うことで屋号に使われていたと言うことです。

 

「コンセプトをハッキリと伝える」ことが出来るデザイン

今回のホームページはテンプレートデザインを使用した「5万円おまかせプラン」をご利用になっておられます。

こちらのテンプレートは最も新しいもので「コンセプトをハッキリと伝える」ことが出来るデザインとなっています。

もちろん、まりも本店様のように料理についてのコンセプトでもいいですし、こちらを求人に特化して雇用制度の充実していることをアピールしてもよろしいかと思います。

欧文を用いて洋業態にもご利用可能です。

また今回も使用している「営業日カレンダー」が個人店様にはとても好評です。

管理画面で簡単に変更が可能です。
こちらも標準装備として無料でお付け出来ます。

ぜひご検討ください。

ホームページ制作5万円おまかせプラン詳細ページへ