飲食店ホームページ制作のフード・ページ

Googleマップにお店を表示させる方法「MEOのはじめ方」

2019/2/26 10:59
マーケティング

Googleマップにお店を表示させる方法 MEO

最近はGoogleでキーワード検索すると、一番上にGoogleマップが表示されますよね!

そして、そこには数個のお店がマークアップされています。

上記のスクショは、「六本木 博多串焼き」で検索した時の結果です。

1位は「焼とりの八兵衛 六本木店」様

2位は「ジョウモン 六本木店」様

3位は「がんちゃん」様

ちなみに1位2位は弊社のクライアント様です。

あ、3位の「がんちゃん」様は、「ガンさん日記」でおなじみの「ジョウモン 六本木店」のオーナー様で(株)ベイシックス代表の岩澤博さん通称「ガンさん」とは無関係です😊

 

そして本題ですが「ここに自店を表示させるのはどうしたら出来るのか?」です。

 

まず、ここに表示されるには、いくつかの要因があります。

  1. 関連性
  2. 距離
  3. 知名度

なんとなく想像出来るけど、イマイチですよね?
簡単に言うと

  1. 関連性→検索されるキーワードとお店の内容が一致している
  2. 距離→検索されている地名に含まれている、またはより近い
  3. 知名度→WEB上でよく知られている=露出やアクセスが多い

これらが主な要因です。

1、2はだいたい分かると思います。3の「露出」ですがこれはどれだけ多くそのお店の事がWEB上で紹介されているかと言う事です。

ホームページやポータルサイト、SNSなどにどれだけ多く載っているかやクチコミ(レビュー)の数が多いかです。

 

そして、いよいよその対策です。

色々な対策があります。プロに頼まないと出来ない事も多々あります。

でも基本的な事で、必ずしなくてはいけない事があります。

それは「Googleマイビジネス」に登録する事です。

Googleマップでの掲載順位を決めているのは、もちろんGoogleです。
なので、まずはあなたのお店の事をGoogleさんによ〜く知ってもら分ければいけません。

Googleマイビジネスに登録する事は、Googleにあなたのお店の事を知らせる事になるのです。

そのためにGoogleマイビジネスに登録して、詳しく、正確にお店の情報を入力していく事が重要です。

具体的にはGoogleマイビジネスで、以下に気を付けて入力を行ってください。

その他、ホームページやSNSで情報の配信の頻度をあげて行ってください。

最近では#(ハッシュタグ)をつけて投稿出来るので、地域名や店名をハッシュタグを付けて投稿するのも効果があります。

 

しかし、対策をしたからといって直ぐに結果が出る訳ではありません。
少なくても1〜2ヶ月後でないと結果が出始めません。

また競合が多いキーワードでは上位表示は簡単ではありません。

ゆっくりと時間をかけてやって行く必要があります。

 

このようにGoogleマップにおけるローカル検索順位を向上させる対策を「MEO(Map Engine Optimization)」と言います。

これに対して、一般的なGoogle検索における自社ホームページや特定のWEBサイトの検索順位を向上させ上位表示を求める対策を「SEO(Search Engine Optimization)」と言います。

 

まずは、Googleマイビジネスの登録を頑張ってください。

もし出来そうにない、またはその次の対策を施したいと言う場合は、お気軽にご相談ください。