飲食店ホームページ制作のフードページ

コロナ終息時のリバウンド特需(コロナリバウンド)に備えて

2020/3/14 10:11
濱中ノブオ康大の飲食店未来予想図

明けない夜はない!

来月なのか、再来月なのか、はたまた来年なのかはわけりませんが、コロナも必ず終息する時が来るはずです。

その時に起こるのは、「買い控え」「外出控え」「宴会控え」「飲み控え」のリバウンドによる需要拡大だと思います。

リバウンド特需、コロナリバウンド、とでも言いましょうか!

既に中国の一部ではその状況が確認されている様ですね。

 

このリバウンドに備えて何が出来るか?

たくさんありますね。

キャッシュレス決済など、まだ整備できていなければ今の内にやるべきかと思います。

キャッシュレス決済の利用率は今後も拡大しかあり得ないので是非。

ちなみにキャッシュレス決済といってもクレジットカードではなく、スマホで利用できるモバイル決済の方が重要かと思います。

 

割引や特典が付いた「前売り券」や贈り物にも使える「ギフト券」もいいかもですね。

今は個人間でお食事券をプレゼントする習慣はありませんが、貰えると結構嬉しいと思うんです。

個人的にも習慣化すると良いなあと思っています😁

 

WEB予約に関しては、HPや、各予約サイトも必要ですが、重要なのはSNSやLINEで簡単に予約出来る事かと思います。

Facebookページ(Messenger)や、LINE公式アカウントを利用すれば複数人で管理できるので、ちょっとだけ手間を惜しまなければ直ぐにでも出来ます。

 

コロナ終息を祝う商品も出来そうですね。

既に「コロナビール」はシャレで売れているみたいですので、入れられて見てはいかがでしょう😅

 

ポイントカードですが、紙のカードを連想されるかもしれませんが、スマホで管理出来る電子カードの方がいいですね。

LINE公式アカウントには「ショップカード」という機能があるのでこれも無料で作成出来ますよ。

クーポンも同様にLINE公式アカウントに「クーポン」という機能があります

 

人気店、人気料理人とのコラボ商品、コラボイベントも良いと思います。

 

パーリーピーポーはやはりコロナ収束祝いパーティーをやりたいでしょうね〜

今の内にSNSでフォロワーを増やしておくとよろしいかと思います。

あとTシャツとかのグッズもパーティーではよく売れますよ。その後のブランディングもなりますので作って見てはいかがでしょう。
センスが良くないとダメですが😅

 

そしてインバウンド対策。もしかしたらこれが最も大きなリバウンド特需となるかもですね。

海外からの観光客が帰って来ます!今の内に外国語メニュー、来店を想定した接客マニュアルなどを整備してみてはいかがでしょう?

メニューブックに関してですが、印刷物でも良いのですが、ホームページのメニューページを活用するという手段もありますよ。

これだと毎日でも更新出来ますし、印刷費や制作費もかかりません。

以下のページで詳しく説明しております。

food-page.com/?p=4843

トリップアドバイザー、バイドゥなど海外サイトへの登録、SNSで外国語での広告配信も効果が見込めます。

 

コロナショックでの被害分を取り戻すのは、簡単な事ではないと思いますが、やはり細かなことの積み重ねなのかなあと思います。

費用も大してかけずに出来ることも多くあります。

今は無料で提供されているネットツールがたくさんあるので活用されるのもよろしいかと思います。

 

そして何をやるにしても発信力が全てです。

SNS、ブログ、ポータルサイト、YouTube、ホームページ、全て引っくるめて一つのWEB対策です。

しっかり準備して、コロナリバウンドに備えましょう!

お問い合せやご質問はお気軽にどうぞ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です