飲食店ホームページ制作のフードページ

今こそ「QRコードメニュー」を活用しましょう!

公開日:2021/1/11 12:46
更新日:2021/2/26 17:54
記事カテゴリー:ニュースメニューブック
QRコードメニュー

 

コロナ感染予防対策!
書き換え作業が簡単!!
経費大幅削減!!!

 

QRコードメニューとは、

お客様のスマホで、

QRコードを読みとって、

お店のメニューを閲覧して頂くというものです。

 

セルフオーダーシステムの様に、そこから注文が出来たり、決済まで完了するというものではありません。

今まで印刷物のメニューブックで閲覧していたのを、スマホで閲覧出来るという、極めてシンプルなものです。

 

こちらはホームページをお待ちなら、そのメニューページにQRコードで誘導すればいいだけなので、すぐに導入出来ますよ!

 

もくじ

  1. 事例紹介
  2. メリットとデメリット
  3. 導入方法
  4. お会計まで出来るセルフオーダー(モバイルオーダー)システムのご紹介

 

活用事例

つかんとフクオカ様

実際に以下のQRコードをスマホで読みとるか、タップしてください。
サンプルで用意しているメニューページに飛びます。

 

スマホ画面↓

 

タブレット画面↓

 

以下からもアクセス可能です。

hachibei.com/?page_id=15477

 

塩ホルモン炭楽様

実際に以下のQRコードをスマホで読みとるか、タップしてください。
サンプルで用意しているメニューページに飛びます。

塩ホルモン炭楽QRコード

 

スマホ画面↓

スマホ画面

 

タブレット画面↓

QRコードメニュー

 

以下からもアクセス可能です。

店舗ではQRコードをテーブルに貼り付けたり、店内POPに印刷したり、ショップカードに印刷したりして読みとってもらって下さい。

 

なぜ今、QRコードメニューが必要か?メリットとデメリット!

 

コロナ感染予防対策

不特定多数が触ったメニューブックを触りたくないと言うお客様が増えているので、QRコードメニューなら自分のスマホで閲覧するので安心して使ってもらえます。

 

書き換え作業が簡単

時短営業などでメニューを絞り込んで営業する必要があったりしますよね!

また、仕入れや在庫の状況で毎日メニューを変更する必要があります。

その場合、手書きメニューをコピーするという方法もありますが、正直面倒じゃないですか?

WEBサイトなら簡単に管理画面で変更分だけを変えればいいので簡単です。

 

大幅経費削減

写真付きの印刷メニューを作るのには、結構な経費が必要です。

ご自身で変更可能なWEB版のメニューなら、更新時のデザイン費や印刷費がかからないので、大幅な経費削減になります。

 

※以下に、その他のメリット、デメリットをまとめました。

業務簡略化
経費削減
収益力アップ
集客
ファンづくり

 

逆にデメリットは?と言うと

くらいでしょう。

 

導入方法

導入にあたり、前提として店舗のWEB環境が良い=wifiが整備されていて、店内のどこからでも良く繋がる事が必要です。

既存のホームページを活用する

ホームページをお持ちの方は、そのメニューページを活用するのが最善です。

メニューページを自分たちで簡単に更新出来る仕様で構築していればすぐに導入出来ます。

ホームページをお持ちでない場合は、この際新規構築をご検討されてはいかがでしょう?

※弊社でホームページを構築された店舗様は標準機能で、自分たちで簡単に更新出来る仕様になっています。やり方が解らない場合はお問い合せください。

※他社さんでホームページを構築された店舗様は、構築された制作会社さんにお問い合せください。

 

弊社のQRコードメニューサービスを利用する

月額5000円で、以下のようなQRコードメニュー専用サービスをご利用いただけます。

 

※ご利用をご検討の方は以下よりお問い合せください。

 

お会計まで出来るセルフオーダー(モバイルオーダー、QRオーダー)システムのご紹介

 

サービス名初期費用月額費用決済機能テイクアウト事前決済POS連携予約台帳連携
AutoReserve0円0円
※決済手数料あり
ありなし同梱開発中
ユビレジ QRオーダー問い合せ問い合せありありユビレジトレタ
Airレジ ハンディ問い合せ問い合せAirREGIRestuarant BOARD
スマセル0円問い合せ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事